あずきだより

石川ドッグレスキューから2010年9月4日にやってきたあずきのあれこれ

相談後のあずき

当ブログの 年末年始記事を見るかぎり
 (あずきちゃん、 元気そうじゃないの~)  って カンジなんですが

それに 旅の記憶も怪しくなってるので そろそろアップしたいとこだけど
決行するまで いろんな葛藤もあったので。。。

昨年末の記事 『PTSD... じゃないかと?』 の その後から 書こうと思います


   ******



あの時、 某保険会社の ペットの医療相談サービスで
あずきのことを 相談させてもらって

 「イヤな記憶を消し去り、 楽しい思い出で 上書きしてあげてくださいね」

今も その言葉が こころに焼きついてます。



あと 当時、 太鼓っぽい音だけじゃなく
車に乗っても 徐々に 息遣いが荒くなってたし

極力 乗せないほうがいいのかなぁ、 と思いましたけど 
 「それより、 少しずつでも 慣らしてあげてくださいね」 とも言われました。

 (太鼓の音への恐怖と違い、 車は一時的なものだと思ったみたいです) 




【9月23日】   日付入れるのが小っ恥ずかしくなってきた(^^;

シルバーウィーク最終日
妹の旦那さん(以下、パパさん) ラテ&ピィノと 公園で待ち合わせ。


妹は うちわ持ってったっきり、 宮城から まだ帰ってなかったの 
  
          s-sonogo1450532072135.jpg
              前回、 好評だった? 嵐の伊達政宗バージョン



また ヤなとこ 連れてくんじゃないの~~



・・・・ とでも 思ったのか?

車中のあずき、 これまた息遣いが ヒドかった
けど、 パパさん見るなり、 ひゃあひゃあと 大喜びでした 



公園内に 誰もいないのも ラッキーでした。

あずきを怖がらせるものは 何にもなく
この日、 仕事だった夫に 「あこちゃん、 いいカンジやったよ」 

と、 うれしい報告 出来ました

 (前日は ちっこぐらいで まともに歩いてなかったので なおさら)




が しかし

s-sonogoCIMG0445.jpg
     べろ びよーーーん  

あこちゃん 舌 長っ
 
車で ハァハァしてる時と 同じくらいの長さだわ
改めて写真をみると、 実はあずき、 動揺してたのか~



一緒にいた ピィノちゃんは?

s-1sonogo160118-CIMG0459



イヌ族 揃って

s-sonogoCIMG0453_201601160253280f2.jpg

べろ、 びよーーーん


きっと 暑かったんだなぁ。。。

この頃は、 なるべく早く 前のあずきに戻ってほしいと
無理させてたような。。。  必死すぎた気もするなぁ  (反省)  




【9月24日】

ご近所散歩の途中、 ちょっと寄り道

s-sonogo160115-CIMG0479

仲良しワンコの やまとくん
特に当時は 頼もしい、 かつ ありがたい存在でした。



そばにいると 安心できるようだしね。。。

s-1sonogo160118-CIMG0485



この日は、 ふとした音で立ち止まることが 多いながらも
1時間半ほど歩きました。

s-sonogoCIMG0490.jpg

これだけの時間 散歩するなんて 格段の進歩



こんな具合に 日中は着々と 散歩時間を延ばしてましたけど
夕方になると行きたがらなくて ほんと苦労しましたよ。

なので 夫が不審者のフリして 外でワザと物音を立て
窓際でわたしが 「なんか おるんない?」 あずきの好奇心を さらに刺激して。。。


今 思い出しても しょーもない小芝居
でも あずきは、 我先に外へと すっ飛んでくれました


(その時の名残か 忘れた頃に不審者となり、 あずきの反応を喜ぶ夫




◆おまけ◆

年賀状の写真メイキング

s-1sonogo160106-年賀
                        2015.11.13  光禅寺にて        

ところで 年賀はがき、 当たってましたかー?





ご訪問ありがとうございました
ランキング参加中、あずきに応援をポチリとお願いしま~す

        ↓                     


にほんブログ村    ありがとうございます♪



ご用の方は 拍手コメントから お願いしまーす 

スポンサーサイト

Category : あずき
Posted by あずさく on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:https://azukisaku.blog.fc2.com/tb.php/641-b2f56803
該当の記事は見つかりませんでした。